「えっ!?」
 ケイが驚きの声を上げる。
「あのタワーって、なんで光ってんの? あれって来年の春のオープンじゃなかったっけ?」

 日本一、いや世界一高いタワー。
 来年の春のオープンの予定だが、タワー自体の工事はほぼ完成している。
 今晩はオープン前の特別イベントとして、LED電球がその巨大なタワーを照らしていた。

「綺麗……」
 濡れた大きな瞳に、イルミネーションが反射する。
 その瞳は、僕と手を繋いでいた時のホタルと全く同じだった。
「本当に綺麗……だ」
 こんなにドキドキするのはなぜだろう?
 隣に居るのがホタルだったら、こんな気持ちにはならなかったような気がする。
 僕はケイと一緒に、小城山の展望台でしばらくの間、街の夜景を眺めていた。

「ホタルはね、私の一番嫌いなタイプの女なの」
 展望台を離れると、駅に向かう道でケイは身の上を話し始める。
「泣き虫で、男に媚びて、遠慮というものを知らない……」
 記憶が無いんだから、それは仕方が無いことなんじゃないのだろうか?
「だから、私はホタルと呼ばれるのが一番嫌い」
 人の腹部を蹴るほどにね。
「でもね、ホタルは私の深層心理じゃないかって、病院の先生が言うの。私は本当はそうなりたいと願っているって……」

 ――ホタルはケイの深層心理。

 この説明は、僕の心にすっと沁み込んでいく。
 ケイは攻撃的でガードが固い。
 それは、とてもやわらかい中身を守るための非常手段だったんだ。

 無防備なホタルと攻撃的なケイ。
 二人の距離を縮めることは、できないものだろうか?

「ねえ、開君」
 ケイが僕の顔をのぞきこむ。
「なんで、私がこんな病気になっちゃったのか、知りたい?」
 僕は少し考えた後、小さく返事した。
「うん」
 ケイのことが知りたい。一緒にいろんな話しをしてみたい。
 そんな気持ちが広がっていく。
「それはね……」
 ケイは一呼吸置いたあと、ゆっくりと話し始めた。

 >つづく