「ケイ。私の名前はケイよ」
 ケイ?
「フルネームは堀田蛍。『蛍』と書いてケイ。私ね、自分のことホタルって呼ばれるのが死ぬほど嫌なの。今度呼んだらまた蹴るよ」

 やっぱホタルじゃねえか。
 なにがケイだよ。
 しかし不思議だ。交番で会ったホタルという女の子と目の前の女の子、えっとケイだっけ? この二人の間には共通点があり過ぎる。白猫のぬいぐるみ、蛍という名前、そして柔らかそうな頬――いったいどういうことなんだ?

「僕の名前は……尾瀬開。『尾瀬』と書いて……オセって読むんだ」
 まだお腹が苦しかったが、僕はケイを見上げながら右手を差し伸べた。
 自己紹介の握手。
 それは体を起こすのを手伝ってほしいというゼスチャーも兼ねていた。

「仕方がないわね。開君だっけ? 今度ホタルって呼んだら承知しないからね」
 渋々、右手を差し出すケイ。
「ああ、よろしく」
 僕はケイの手を握り、しゃがんだまま軽く二、三回握手をする。そして、起き上がろうと握る手に力を込めて――

「隙あり!」
「ッ!」
 僕はケイの体を引き寄せ、左手で猫のぬいぐるみに手を延ばす。

 ザマあ見ろ、ぬいぐるみはもらったぜ。

 しかし、ザマを見たのは僕の方だった。
「ぐえっ!」
 あと少しというところで再び腹部に衝撃を感じる。
 見ると、鳩尾にケイのブーツがのめり込んでいた。
「あんたバカじゃないの。どこの世界に隙ありって叫びながら攻撃する奴がいるのよ」
 僕は苦しさのあまりケイの右手を離し、再びうずくまった。

 猫のぬいぐるみを狙ったのには理由があった。
 交番の少女とケイとの間にはあまりにも共通点がある。だから、ぬいぐるみを手にしてみたいと思ったのだ。
 僕は交番の前で、あれによく似た猫のぬいぐるみを拾っている。実際に触ってみれば、あの時のぬいぐるみと同じかどうか分かるかもしれない。

 というか、本当はケイに仕返ししてやりたかったんだけど。
 蹴られたままでは僕の気持ちが収まらない。
 しかしどうだろう、このザマは。女の子相手に情けない。


 >つづく