「あっ!」
「おっ」
 いきなり電気が点いた。停電が復旧したようだ。

 よし、動け!

 願いを込める僕をよそに、エレベーターはちっとも動く気配がない。
 なんだよ、早くしてくれよ……。
 思っていたよりも早く電気が復旧してほっとしたのもつかの間、今度は狭い空間に閉じ込められた不安が僕を襲い始めた。
 そして、それに追い打ちをかけるアナウンスが。

『お客様、ご無事でしょうか? 
 こちらはエレベーターのメンテナンス室です。
 現在、他のビルでもエレベーターが停止しており、順次点検を行っています。
 大変申し訳ありませんが、復旧までしばらくお待ち下さい』

 おいおい、点検に時間がかかるのはわかるけど、頼むから早くここから出してくれよ……。
 僕は泣きごとを言いたくなる。

 今乗っているエレベーターは、十人くらい乗れば一杯になってしまうくらいのタイプ。
 現在乗っているのは二人だけで余裕があるとはいえ、狭い空間に閉じ込められているのは気持ちがいいものではない。それに停止時間が長引けば大変なことになりそうだ。二人が横になることなんてできそうもないし、トイレに行きたくなったら最悪だ。

 隣の女の子の不安はさらに大きかったようだ。
 彼女はエレベーターのドアに近づいて前かがみになると、スイッチ類の下のマイクに口を近づけた。


 >つづく