「それじゃ、また学校で」
「うん、また学校で。ぜったいホタルって呼んじゃダメだからね」
 駅前広場に着くと、手を繋いだまま僕達は別れの言葉を交わす。

「そうだ。学校でさ、綾小路桃太郎君を探すの手伝おうか?」
 意地悪そうに僕が訊くと、恥ずかしそうにケイが答えた。
「やだ、まだそんなこと覚えてんの? それはもういいの、忘れて」

 嬉しかった。綾小路桃太郎のことよりも、僕のことを優先してくれて。
 まあ、今日はもう遅いから、綾小路桃太郎の正体明かしは今度にしよう。
 ケイとはこの先もうまくやっていけるような気がした。

 そして最後に残ったのは、繋がれた二人の手。

「それじゃ」
「うん」

 こんなに名残惜しいのはなぜだろう。
 僕はゆっくりとケイの左手を離す。すると――

 ケイは突然しゃがみこんでしまった。

「おい、どうしたんだよ、ケイ!」
 しかし何も返答はない。
「うっ、うっ……」
 それどころか、ケイのすすり泣く声が聞こえてくる。
「どうした。お腹でも痛いのか?」
「ここ、どこ? あなたは誰?」
 ええっ、それって……?
「ホタル、怖い……」
 またホタル!?
 見ると、彼女はぬいぐるみを持っていなかった。

 >つづく