「どこだ!?」
 僕は、ぬいぐるみの猫を探す。
 しかし、見える範囲にはどこにも無かった。

「ホタル、どこで落としちゃったんだよ?」
「わからない、わからないの……」
 ホタルは泣いてばかりで埒が明かない。

 ――自分で探すしかないか……。

 僕は、生垣の中やベンチの下など、駅前広場をくまなく探す。
 が、ぬいぐるみの猫は見つからなかった。

 ――どうしよう、今週のケイの記憶が失われてしまう。

 僕の頭の中は、真っ白になった。

「ホタル、何かを無くしちゃった。大切な、大切な、何かを……」
 何を無くしたのかも分からないまま、泣き続けるホタル。
「ごめん、ホタル。僕も、君の記憶が見つからないんだ……」
 僕の心が喪失感に占領されていく。
 駅前交番の赤色灯が、ぼんやりと僕の視界に入って来た。

 しょうがない、あそこの交番に行って、お巡りさんを呼ぶしかない。
 でも、それって……。
 この間、通学途中にぬいぐるみの猫を拾った時と同じじゃないか。
 ホタルにはぬくもりが必要なんだと、さっき僕は気付いたんじゃなかったのかよ。

『ありがとう、ホタルのこと大切にしてくれて』
 自問する僕の脳裏に、ケイの声がよみがえる。

 ダメだ、諦めちゃ。
 ダメだ、ホタルを見捨ちゃ。
 今、僕が諦めたら、ケイの言葉を裏切ることになる。
 それに、彼女と手を繋いだ思い出だって無くなっちゃうじゃないか。

 もう一度、よく考えるんだ。最初から。
 僕は目をつむって、ケイがホタルに変わるまでのいきさつを思い出した。


 >つづく